樹種について

ブラックウォールナット材

イメージ:ブラックウォールナット材

独特の風合いや木肌の美しさなどから、世界屈指の銘木に数えられるブラックウォールナット。その実は「クルミ」と呼ばれ、私たちの生活にも大変馴染みの深い木です。

ウォールナットは、アメリカ東部~中部にかけて自生しています。 辺材は灰白色。心材は濃い茶色、色味は一様ではなく、辺材から心材にかけての様々な色がグラデーションを描き、美しい模様の表情を形成します。使い込むほどに味わいが出てくるのも、大きな特徴で現存する木材の中でも最高ランクの評価を得ているこの木材は、「家具材のロールスロイス」とも呼ばれいます。

ブラックチェリー材

イメージ:ブラックチェリー材

おもな産地は、アメリカ東部全域。木には直径1cm程の果実「アメリカンチェリー」が実り、赤から黒く熟し、食用になります。これがチェリーの頭にある「ブラック」の由来です。

年月の経過の中で飴色風の濃い赤褐色になり、その変化から「使い込むほどに風合いを増す」という特性を実感することができます。材面は緻密で滑らかな木肌を持ち、磨くだけで美しい光沢を得ることができるうえ、水に強く、家具になった後の耐久性にも優れています。世界的に高い人気を集めています。

オーク材

イメージ:オーク材

どんぐりの木として親しまれているナラは、他の樹種を寄せ付けない圧倒的な生命力を持ち、数ある広葉樹の中でも最高級材として珍重されています。板目を材で取ると力強い精悍な木目が表れ、独特の存在感を放つのが特長で、個性豊かな表情を楽しむことができます。

やや重硬で、収縮率が高く、乾燥の際に狂い・割れが出やすいため加工が少し難しい木材です。材面には放射組織に由来する優美な模様があり、家具などに使用すると独特の存在感を放ちます。

ページの先頭へ戻る

『より良い家具を、よりリーズナブルな価格でお客様に提供し、素敵な住空間で豊かな暮らしのお手伝いをする。』それが私たちの夢であり、使命です。

COPYRIGHT © HIDAKAGU. All rights reserved.