樹種について

ビーチ材

イメージ:ビーチ材

ビーチ材は日本でのブナ材と同種類になります、漢字で書くと「木」「無」と書いて「橅」と書きます。

機械加工が出来なかった時代は、堅くて加工できなかったり、乾燥時に反りが激しいため、建築材等としては使えない木=使い道の「無い木」でした。後に木材乾燥の技術があがり、機械加工も普及したため、全体に白く美しい木として家具用材料として、ヨーロッパでは最も多く使用されている広葉樹の一つです。

木目はきめ細かく、ビーチ材最大の特徴である小さな斑点が全体に入っており、色調は淡くピンクがかった乳白色をしています。強度が高く、弾力性があるため曲げ木加工に適しており、多くの名作家具で使用されていることも多い木材です。

ページの先頭へ戻る

『より良い家具を、よりリーズナブルな価格でお客様に提供し、素敵な住空間で豊かな暮らしのお手伝いをする。』それが私たちの夢であり、使命です。

COPYRIGHT © HIDAKAGU. All rights reserved.